サボテンへの情熱

PASSION

#Why was it “cactus”?

なぜ「サボテン」だったのか?

農家の跡取りだったんですが、小さいころからサボテンが大好きで、病気になっても、サボテンを買ってもらえば、すぐに治るという程のめり込んでいました。19歳になってサボテンをやるといったら、父をはじめ家族や親戚まで含めて大反対でした。当時は食料増産の頃でしたから当然な話です。いわば国賊のようなものだったんですが、それでもなんとか説得して、柿畑を切り開いてサボテン作りを始めたんです。その時、“どうせやるんなら日本一のサボテン家になってやるぞ”と心に誓いましたよ。

#Struggling with the sale of “cactus”

サボテンの販売で苦労したこと

販売には苦労しました。反対の父も理解を示してくれ、得意の話術(早稲田大の雄弁部卒)を駆使して、あちこちで売ってくれましたが、日本一には程遠い。友人の紹介で大阪の花卉市場に持ち込んだところ、徐々に売れ出し、そのまま順調にいくかに見えました。ところが、昭和51年9月の集中豪雨でサボテン畑が水浸しになり、もうダメダと一時はあきらめかけました。しかし、大見得をきった手前、このまま止めるわけにはいきません。

#Why did you name the “cactus village”?

「サボテン村」の由来

サボテンしか生きる道はないので、思い直して再度チャレンジしました。それが先程のプティサボテンの開発につながったのです。当初は“変な客が買っていった”と評判になりました。これまで全然来なかったお客が、押しかけて来たというわけですよ。 その後、栽培面積も増やして、現在は10万平米になりました。日本一になったので、自称“サボテン村”と名付けました。

#For Kato Takayoshi, what is “cactus”?

加藤孝義にとって
「サボテン」とは?

さぼてんは私にとって、「生きがい」であり「使命」です。現代社会に生きるすべての人々に、さぼてんの素晴らしい効能を伝授すること、また、幅広い啓蒙・普及活動に尽力していくことが私の生き様といえます。美しい花や植物を目にしたとき、人は誰しも、心なごませ、深い安らぎを覚えます。日本一のさぼてん村の村長として、今後も植物と人に「愛情」を持って取り組んでいく所存です。

- Instagram -

お気軽にお問い合わせください

Mail